景況調査第33回(R3年4月~6月)を実施

景況調査第33回(R3年4月~6月)

―鳥取管内の生衛業者68者―

 

~ 景気は悪化のまま、来期は少しは良くなるのではとの期待~

令和3年5月下旬から6月上旬に実施。県内の生活衛生営業者70者に郵送・面談によるアンケート調査を行い、68者から回答を得ました。
当期の業況(景気の状況)は「前期比」では好転5者(7.4%)不変34者(50.0%)悪化29者(42.6%)で、前回調査の悪化から変わらずです。

前期比の好転(A)から悪化(B)を引いた割合(A-B/A+B)は、前々回はー86.7%、前回はー92.6%と悪化傾向でしたが、今回はー70.5%と少し持ち直しました。

また、前年同期比の数値(-69.2%)はこちらも前回より良くなりましたが、長引く新型コロナウイルス感染拡大の影響は引き続き懸念されます。

前年同期と比べた売り上げの状況について、今期は好転が(6者→9者)、また悪化は(50者→33者)でやや改善傾向でした。一方来期の売上げは好転が(9者→6者)、悪化は(42者→27者)で、県内でのコロナウイルス感染拡大防止対策が浸透していき、これ以上悪化しないでほしいとの期待が見えます。

新型コロナウィルス感染症が発生してから1年半余。一日も早く収束して景気が回復することを願います。


「景気動向等に関するアンケート」調査

 ・業況の推移

  前年同期比 前期比 来期見通し
好転(A) 不変 悪化(B) 好転(A) 不変 悪化(B) 好転 不変 悪化
第1回   12 28 28 32 28
第5回 32 26 27 30
第10回 14 29 26 42 21
第15回 28 39 29 33 31 33
第20回 28 33 25 39 10 36 21
第21回 35 32 36 26 10 40 20
第22回 33 31 33 28 41 21
第23回 31 31 32 29 36 27
第24回 27 39 28 37 9. 34 25
第25回 39 25 38 26 40 24
第26回 32 31 33 29 38 25
第27回 31 33 33 32 33 30
第28回 24 40 27 40 11 32 25
第29回 1 58 57 20 44
第30回 56 19 41 27 33
第31回 13 49 20 42 21 42
第32回 10 55 13 52 35 29
第33回 29 33 5 34 29 39 25

 

 

売上の推移(第33回調査)        

今回(前回・前々回・前々々回・前年同期)

項  目

(前年同期比)

好 転 不 変 悪 化
当  期 9(6・4・8・6) 26(11・11・7・5) 33(50・50・51・56)
来  期 6(9・5・5・4) 35(16・12・16・9) 27(42・48・45・54)