景況調査第8回(H27年1月~3月)を実施

  ―管内の生衛業者65者ー

~鳥取管内 景況感・売り上げともに悪化~

 平成27年1月下旬~2月上旬に実施。県内の生活衛生営業者66者に郵送によるアンケート調査を行い、65者から回答を得た。                                                           当期の業況(景気の状況)は好転3者(4.6%) 不変23者(35.4%)悪化39者(60.0%)で、前回調査に比べ好転が7.7%の減、悪化が20.0%の増と悪化の傾向が見られました。
 前期比の好転(A)から悪化(B)を引いた割合(A-B/A+B)は第3回-70.6% 第4回-72.1% 第5回-52.9% 第6回-40.0%と改善の傾向が続いていましたが、前回-52.9%と悪化に転じ、今回-85.7%とさらに悪化しました。                                                       来期の見通しについても、悪化の傾向が強まっています。
 売り上げの状況についても、前期比・前年同期比・来期比とも好転が減少し、悪化が増加しており、厳しい状況がうかがえます。

  

「景気動向等に関するアンケート」調査

 ・業況の推移

 

  前期比 来期見通し
好転(A) 不変 悪化(B) 好転 不変 悪化
第1回 12 28 28 32 28
第2回 11 22 28 25 30
第3回 27 29 29 28
第4回 21 37 26 33
第5回 32 26 27 30
第6回 34 21 36 21
第7回 31 26 32 29
第8回
(27.1~3)
23 39 28 33

 

売上の状況(第8回調査)        

                                    ( )は前回調査

  好 転 不 変 悪 化
前期比 5(15) 24(23) 36(27)
前年同期 6(9) 25(34) 34(22)
来  期 7(7) 28(30) 30(28)