景況調査第21回(H30年4月~6月)を実施

―鳥取管内の生衛業者70者―

~ 景気は足踏み状態、来期にも明さも~

平成30年5月下旬~6月上旬に実施。県内の生活衛生営業者70者に郵送・面談によるアンケート調査を行い、全者から回答を得ました。
当期の業況(景気の状況)は「前月比」では好転8者(11.4%)不変36者(51.4%)悪化26者(37.2%)で、前回調査に比べ好転が6.9%、不変が14.1%の増となり、悪化が21%の減となりました。
前期比の好転(A)から悪化(B)を引いた割合(A-B/A+B)は、前々回はー56.3%、前回はー85.7%と悪化しましたが、今回はー52.9%と好転しました。
ただ4月~6月期は生衛業ではクリーニング業・理容業等で業況が好転する時期で、季節的要因が大きく作用していると考えられ、前年同期の第17回調査と比べても好転の度合いは低い。
また前年同期の比べた業況でも、好転が前期に比べて減少している。
前年同期と比べた売り上げの状況について、今期は好転が減少(5者→3者)して悪化も減少(35者→32者)し、全体として景気は足踏み状態にあるものと考えます。
来期の売上げでは好転が増加(4者→10者)して悪化が減少(23者→22者)し、来期に掛けて明るさが見え始めており、期待をしたいものです。

「景気動向等に関するアンケート」調査 
 ・業況の推移 

前年同期比 前期比 来期見通し
好転(A) 不変 悪化(B) 好転(A) 不変 悪化(B) 好転 不変 悪化
第1回 「第1回~第12回は実施していない」 12 28 28 32 28
第2回 11 22 28 25 30
第3回 27 29 29 28
第4回 21 37 26 33
第5回 32 26 27 30
第6回 34 21 36 21
第7回 31 26 32 29
第8回 23 39 28 33
第9回 11 34 22 37 24
第10回 14 29 26 42 21
第11回 39 25 30 31
第12回 36 30 36 30
第13回 38 32 38 24 38 24
第14回 11 38 21 16 32 22 11 38 21
第15回 28 39 29 33 31 33
第16回 25 44 28 41 14 39 17
第17回 11 35 21 12 37 19 10 41 17
第18回 31 27 29 26 11 33 20
第19回 35 28 36 25 33 33
第20回 28 33 25 39 10 36 21
第21回 35 32 36 26 10 40 20

 

 ・売上の推移(第21回調査)        

今回(前回・前々回・前々々回・前年同期)

項  目
(前年同期比)
好 転 不 変 悪 化
当  期 3(5・7・9・15) 35(27・29・29・33) 32(35・32・26・20)
来  期 10(4・3・7・9) 38(40・35・34・44) 22(23・30・23・15)