鳥取県美容講師会によるDINNER SHOW 開催

~時代を彩る 古代髪の造形美 2017~

 

1 日時  平成29年12月4日(月) 17:00~20:00

2 会場  米子市久美町53-2  ANAクラウンプラザホテル米子

3 後援  鳥取県美容業生活衛生同業組合

4 演目

(1)結髪師 滋賀県美容業生活衛生同業組合理事長 玄田 宗七氏による日本髪結実演

※ 江戸時代初期の古典元禄勝山から勝山髷まで、京都5人の舞妓さんと米子地区の美容師さん親子2人による日本髪7作品が披露された。米子の美容師さんは玄田宗七氏の結髪実演にも参加された。
参加した250人の中からもため息がもれる程、日本髪を結髪した舞妓さんのしゃなりしゃなりと練り歩く姿にうっとりとした目で観て、江戸時代にいるような気持ちさえした。

日本髪は、日本人の伝統芸術作品として、後世に引き継がれるもので、江戸時代から髪型や櫛、花飾りなどの装飾品の形や装飾が変り、特に簪や櫛の鼈甲細工は、骨董品店で探すか、特注で作ってもらうしかないそうです。

 

(2)京都祇園舞妓の舞と三味線の調べ

※ 芸妓さんの三味線の調べに乗せて、「舞妓きみとよさん」の舞を観賞した。

舞妓さんの踊り、透き通った声と三味の音に会場全体が聞きほれて、時間の経つのも

忘れてしまいそうになった。